W E L C O M E  T O  O U R  H O M E P A G E
S U Z U K I  S E M I N A R   鈴 木 豊 研 究 室 法政大学ホームページ
法政大学多摩キャンパス
Last update : 2017/04/21 

# ホーム ---

# 鈴木 豊 --- >>>

# 鈴木豊ゼミ ---

   ゼミ生 ---

   連絡事項 ---

   アルバム ---

# 講義 ---

   入門ゼミ ---

   現代経済学I ---

   ミクロ経済学 ---

   情報経済論 ---

   経済数理基礎 ---

# リンク ---


〒194-0298
 東京都町田市相原4342
法政大学経済学部
鈴木豊研究室
yutaka@hosei.ac.jp


  鈴 木 豊( SUZUKI Yutaka )

  略 歴
    1990年3月 東京大学 経済学部 卒業
    1995年3月 東京大学大学院 経済学研究科 第2種博士課程 単位取得満期退学
    1995年4月 法政大学経済学部特別研究助手 ~1996年3月
    1996年4月 法政大学経済学部助教授 情報経済論担当 ~2004年3月
    1999年2月 東京大学より経済学博士号取得
    2001年4月 スタンフォード大学経済学部客員研究員 ~2002年3月
    2002年4月 ハーバード大学経済学部客員研究員 ~2003年3月
    2004年4月 法政大学経済学部教授 情報経済論担当 ~現在
    2011年9月 ハーバード大学経済学部客員研究員 ~2012年8月

  専門領域
    契約理論。理論的産業組織論。企業の理論。ゲーム理論の応用。

  研究テーマ 競争、結託と組織設計の理論 (博士論文テーマ)。

    最近は、特に、以下のテーマに取り組んでいます。
        「ガバナンスと契約理論」 (コーポレートガバナンスを中心に)。
   (科研費基盤研究 C:2005~06年度(研究代表者:応用経済学)
                 2008~2010年度(個人研究:理論経済学))
  「欧州連合における集権分権と状態依存ガバナンスのゲーム理論的分析およびその拡張」
  (科研費基盤研究 C:2011年度 (研究代表者:財政学、公共経済学))

   「ガバナンスの比較セクター分析:ゲーム理論+契約理論によるアプローチ」
    (2006~07年度 法政大学比較経済研究所メインプロジェクト責任者。)


  主要業績 → その他の論文等については、こちら 
  1. "Competition through Endogenized Tournaments: An Interpretation of 'Face-to-Face' Competition." (with H. Konishi and M. Okuno-Fujiwara), lead article in Journal of the Japanese and International Economies 10.199-232 (1996)
  2. "Incomplete Contracts, Collusion and Authority Delegation in Organizations"(1999) presented at Econometric Society North American Winter Meeting, Boston, January 2000, USA, and The First World Congress of The Game Theory Society (GAMES2000) July 2000. Bilbao, Spain. (The former version I.C.E.S working paper No.54, Hosei University 1996)
  3. "Capital Accumulation through 'Controlled Competition' Two Stage Tournaments as a Strategy for Firm Growth " presented at Econometric Society North American Summer Meeting, Montreal, Canada, June 1998.(同論文の日本語版:『経済志林』 第64巻 第3号 39801996年12月) ← 初版 比較研ワーキングペーパーNo.46(1995年)
    → 改訂版 "Managed Competition as an Incentive Mechanism in Supply Relations" (PDF)ほか1篇(2005)
  4. 「日本企業のコーポレート・ガバナンス」をゲーム理論で解く―企業間取引関係と内部組織改革―『ゲーム理論で解く』(中山・武藤・船木編) 第2章 有斐閣 2000年
  5. "Integration vs.Non Integration, Specific Investments, and Ex Post Resource Distribution." International Economic Journal 19. 11-35. (2005)
  6. "An Incomplete Contract Approach to Vertically Integrated Multi-National Enterprises: A Hartian Modeling with Monotone Comparative Statics", Chinese Journal of Economic Theory 1.219-244 (2004)
  7. "Dumping Behavior and Anti-Dumping Laws in International Duopoly: A Note on Infinite Horizon Formulation", Journal of Economic Research 10 (2005) 305-324 PDF
  8. 「中国国有企業の民営化問題」および「垂直統合型多国籍企業の出現(外資による国内資産の合併買収)」への不完備契約(資産所有(財産権))アプローチ 『中国研究月報』 2006年7月、29-44頁、(社)中国研究所
  9. "Equilibrium Incentives and Accumulation of Relational Skills in a Dynamic Model of Hold up,"Economics Bulletin, Vol. 12 no. 7 pp. 1-11 (2006) Link
  10. "Commitment Problem, Optimal Incentive Schemes and Relational Contracts in Agency with Bilateral Moral Hazard", Journal of International Economic Studies Vol.21 pp.103-124 (2007) Link
  11. "Collusion in Organizations and Management of Conflicts through Job Design and Authority Delegation ", Journal of Economic Research Vol.12.203-241 (2007)PDF
  12. "Mechanism Design with Collusive Supervision: A Three-tier Agency Model with a Continuum of Types," Economics Bulletin, Vol. 4 no. 12 pp. 1-10 (2008) Link
  13. 『ズバリ図解 ゲーム理論』(監修) ぶんか社文庫 2008年10月 amazon
  14. 『ガバナンスの比較セクター分析:ゲーム理論・契約理論を用いた学際的アプローチ』(編著)法政大学比較経済研究所研究シリーズNo.25 法政大学出版局 2010年3月 kinokuniya bk1 amazon neowing
  15. "A Comparative Theory of Non-Integration, Integration, and the Decentralized Firm", Journal of International Economic StudiesVol.25 pp.3-28 (2011) Special Issue.Link
  16. "A Three-Tier Agency Model with Collusive Auditing: Two-Type Case", Journal of International Economic StudiesVol.25 pp.29-48 (2011) Special Issue.Link
  17. "Collusive Supervision and Organization Design in a Three-tier Agency Model with a Continuum of Types" mimeo-graphed.2013.50pages.
  18. "Centralization, Decentralization and Incentive Problems in Eurozone Financial Governance: A Contract Theory Analysis" , Tokyo Center for Economic Research (TCER) Paper No. E-72, ICES Working Paper No.170, 2013 Link
  19. 書評 鈴木基史著『平和と安全保障』(東京大学出版会2007, 2012年度森嘉兵衛賞受賞)」『経済志林』pp. 309-326, 20133 Link
  20. "Collusion, Shading, and Efficient Organization Design,” mimeo-graphed.2014.
  21. “Fiscal Relations between the Central and Local Governments in China and the Concepts of “Bao (Contract)” and “Bisai (Contest)”: A Contract Theory Analysis”, ICES Working Paper No.189 1-35, 2014 Link
  22. 『完全理解 ゲーム理論・契約理論』勁草書房20169 296頁 Link
  23. 「イノベーションマネジメント-不完備契約分析」『国際競争力を高める企業の直接投資戦略と貿易』(田村晶子編)法政大学比較経済研究所研究シリーズNo.31 第1章 9-34頁 日本評論社 2017年3月
  24. "An Incomplete Contract Approach to Eurozone Fiscal Governance"―Commitment vs. Flexibility with Y. Tsuranuki, International Economic Journal 31(2017) Link

  国際学会での発表こちら (2011/07/10)

Copyright (c) Yutaka Suzuki All rights reserved